<< November 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< ドライヤー | main | 九州石けん手帖 >>
Soap Crafting


tao先生に石けん教室をしていただきました。
Soap Craftingが教科書です。
洋書にはたくさんの石けん作りの本があります。ちょっと前まで手に入れるのは大変だったかもしれませんが、今では気軽に見ることができます。
デジタル版では、お得なものもありますね。
写真がステキだからといって買ったものの、実際には読むのが大変だからとそのままにしていませんか?

英語だから難しいという概念を、ペン、パイナップル、アップルという3語で見事に覆した方もいるではありませんか!
といっても安全な石けん作りのためには基本的な学習も必要です。
でもそれは、道具の使い方や苛性ソーダの扱いを勉強されたみなさんならきっとできるでしょう。

tao先生はまさに作るための道具として英語を使って下さいました。

何回も出てくる用語は、そのまま新しい情報として頭にインプットしてしまうこと、絶対にしなければいけないことを命令文の中から探して理解することなどです。

鍵となる言葉が見つかると、英語を文章としてではなく、レシピ特有の手順として理解していくことができます。

石けんを作っている人なら材料を入れたあとには、かき混ぜることや、型入れなどの言葉そのものに反応できるはずです。


1人で辞書を片手に、ハードルを高くしてしまいそうなことも、みんなで読むことで気軽な作業になったはずです。

レシピがわかればベテランの皆さんはもうお手のものです。
どんどん作業し、出来上がった石けんを見るとアメリカのYouTuberみたいです。

制作に関する知識を増やすだけでなく、出来ることの幅を広げてあげることは、スランプを防ぐ一つの方法です。

石けん作りに出会ったから英語も少しわかる!と言えたら、それはとても意味のあることですね。


ちなみに私は英語ができなかったのでtao先生に出会い、石けんに出会いました。
この順番で書くとちょっとカッコ悪いですが、インパクトはありですね。

次も楽しみにしています。
ありがとうございました!
スポンサーサイト