<< April 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
paperwork



宿題と同じ感覚で滞ってしまいがちなのが、ペーパーワーク、つまり作る作業以外のレシピ制作や、記録付けやテキスト作り、ラッピングのラベル作りなどです。

習ったレシピや今まで作ったことのある配合はわざわざノートに取らなくても、頭に入っていたり、資料を見ればいいだけなので、新たに自分の資料として作らなくても制作に取りかかれます。

その方が取り掛かる手間が省けるし、楽なのでいいと思っていました。

ところが、

これを無意識に繰り返してしまうと、新しいものに挑戦したり、レッスン用にテキストを作ることが、何だかたいへんになってしまうのでした。

これがまたひとつの課題となり、ペーパーワークと制作をセットにして考える訓練になっています。

「自分で自分に出す宿題」の次の課題は、自分のためのレッスンをする訓練です。いわゆる「試作」の事ですが、そのプロセスを残すか残さないかには大きな違いがあります。

自分にとってデザインソープブックを作るのはとてもいい勉強になりましたが、もう少し工夫をしなくては、、、と思っています。

インスタにアップすることで、まめに記録として写真を残せるようになってきましたが、これがない時代のほうが「記憶」できたこともありました。文字として無理矢理残した言葉が必要だった時期もありました。



忙しい毎日でも改善ポイントが見つかってしまうのが、ブログのいいところでしょうか。

tao先生が英文のエッセイのレッスンで、書き進める方法として、自分で自分に質問してそれにひとつずつ答えていく、ということを教えてくださいました。

ふとそのことを思い出し、石けんノートというペーパーワークをまじめに考えてみようと思いました。

でもまあ、習慣にするのはまた別の取り組みが必要ですね。



宿題のコツ



洋書講座の皆さんが、きちんと宿題を提出しているのを見て、感動しました。
さすがに、教室の卒業生は違いますね。

レッスンの時間を取り分けて通うのは、仕事を持っていたり、子育てをしながら家族の必要のために忙しくしている人にとって、とても大変なことです。

まして、日頃の生活でも石けんを日常的に作ることは、持続力が必要です。


生徒の皆さんを見て、それぞれが宿題のコツを持っている気がしました。

宿題が重荷になってしまって勉強が続けられないという時がよくあります。
重荷の原因としては、

すぐに取りかかれなかったので期日に間に合わない。

難しすぎる。

家に帰るとテンションが下がり、面倒に感じる。

などときりがありません!

かくいう私もやりたい事はできても宿題となるとなかなか、、、、。


音楽の勉強も語学の勉強も、学校や定期的なレッスンが終わってしまって、誰にも叱られず、期日もないといった状況になってからが本当の勉強のような気がします。

しっかり怠けてそのままになるのでは、、、と思いきや、この状況を何とかしようと無意識に始めたことがありました。

自分で自分に宿題を出すことです。

「出された課題をやる」というのを
「今の自分に必要だ!」

という意識にすり替えるだけです。

主婦の皆さんにはそういう能力が身についているのではないでしょうか。
誰に頼まれたわけではないのに、ごぼうやふきなど買ってきて、面倒だと言いながらもちゃんと料理しています。

腐ったりダメにしたりしないように、ほおっておくこともありません。


こういう生活能力を兼ね備えた主婦が勉強をするのですから、見習うべきスタイルがたくさんあります。
まな板に乗せれば何かしらの料理が並ぶように、宿題も取りかかれば、その時できる自分なりの形にまで持っていけるというパワーを感じます。

誰かと比べるのではなく、合格不合格もない勉強の証のようなものです。
素晴らしいですね。

感動いたしました。


SAKURA



今年が始まったと思ったら、もう桜が散り始めていて、びっくりです。

皆さんのように石けん一筋というより、少しゆるい取り組みのpaosoap ですが、最近は再びtao先生の教室のアシスタントをさせていただき、日本のソーパーさんたちのレベルの高さに圧倒されながらも多くのことを、学んでいます。

色や素材、デザインや道具まであらゆることに精通しようとする、生徒さんや先生たちの熱意や努力に感動しています。

私は日本の「石けん教室」という場でレッスンを受けていません。
それで、今更ながらに自分に欠落しているものを補っていこうと、決意して今年をはじめたつもりだったのでした。
ところが、すでにもう4月になろうとしているではないですか!
今朝、走りながら、散りゆく桜を見て具体的な成果のないことを反省です。

それでも、確実に何かは変わりつつあり、それはこれから作られていく石けんが教えてくれることだと期待しています。

出来不出来も全てありのまま熟成していく石けんは、どれも可愛い作品です。

コンフェの在庫がない時期に「SAKURA」をトップにデザインしました。

予想外の展開です。全く意図していませんでした。



きっと誰かの何かから素敵な影響を受けているのかもしれません。
これを学びの場として、自分の「宿題」に生かしていきたいです。


「冬景色」


本業に忙しくしていた間にすっかり春になってしまいました。
例年、年明けはコンフェがないのでスローペースですが、石けんらしきものは作っています。

「らしきもの」というのは、実験作品なのでとてもお見せできるものではありませんが、これがすごく楽しい!


写真の石けんはこの「らしきもの」の中から生まれたある「景色」です。

意図してデザインしたわけではないのに現れた模様は、まるで「景色」のようです。そういうのはちゃんと、パチリと撮ります。
というわけで、またちゃんとした物も作ります。春ですし、日中は暖かいのでコンフェ人にはありがたいです。

コンフェ一掃の際に、石けん道具の見直しもしました。
使う頻度の少ないものや、使いにくかったもの、なぜ買ってみたのかわからないものがありました。

もともと道具も少ないので、もう一度使ってアイデアを出せないかと思っています。

我ながらほんとにスローペースです。
こんなに何年も石けんと関わっているのに、アマチュア感が抜けません。

気づいたら、アマチュアを型抜きしながら製作する、コンフェ人になっていました。コンフェ作家とはどうにも言い切れません。

これからも、taoさんや皆さんに助けていただきながらやっていきます。

春、埼玉と関西に行きますね。
よろしくお願いします。



学ぶこと、創ること〜石けん水曜日の1年


あいかわらず、のんびりとした石けん生活をしています。12月にコンフェを使い切ったおかげで、全てのデザインがまた無地から始まります。

先日はtao先生の石けん水曜日のお手伝いに行きました。
ちょうど一周年の記念となる講座でした。

テーマはバニラとヨーグルトの石けんです。前半はお料理教室のような作業でした。ベテランさんばかりでリラックスした雰囲気です。

しかし、ここからが石けん水曜日のすごいところです。あらかじめ飾り用のコンフェが用意してあったので、自由なトッピングができます。

生地を丁寧に準備し、攪拌やトレースが出るまでのちょっとした合間に、皆さんのデザイン脳が回転しはじめます。
しばし配られたコンフェを眺めたり、触ったり、お隣さんと喋ったりしているのですが、ある瞬間ほぼ同時に、しーんと静かになりました。

「集中」の時間です。素晴らしいですね。ひとりで作っていると黙っているので、この「集中」に入る瞬間がほとんどわかりません。
でも、グループレッスンでは全体の作業から個人になる時間がはっきり見えます。これが教室で石けんを作る面白さですね!
ひとりでは作れない種類の「集中」を味わえます。

デザインが決まるとトレースも出来上がり、入れ込む作業に自動的にかわります。
そうすると不思議なことに、静けさが解放され、テーブルごとにおしゃべりや笑いが戻ってきました。

学ぶことと創ることが別物ではない事を、tao先生のレッスンプログラムから教えていただきました。

石けん水曜日の1年がとても意味のある積み重ねだったことに、心から納得した1日でした。

先生、参加の皆さんありがとうございました。
あずき茶と甘酒の石けん


年末に残っていた全てのコンフェを使いきりました。
最後まであったのは、11月のレッスンのために作ったものだったので、あわてて消費しなくてもよかったのですが、なんとなくけじめとして、いつも片付けています。

白とココアのものが多かったので、生地に色付けしよう思いました。
あずき茶を選びましたが、まだ冬なのでしっとり感が欲しく、その時飲んでいた甘酒も使いました。
あずきパウダーは入れずに、アボカドオイルを入れました。

コンフェ同様、生地のレシピも寄せ集め感が否めません!

さすがにあずきと甘酒混入で温度が上がり、どんどんトレースがでましたが、コンフェも入れたかったので、20分だけ静かに撹拌し型入れしました。

どっさりコンフェのおかげで、それ以上熱が上がることなく仕上がりです。

やさしいミルクティー色になりました。
それにしても今年は乾燥しているので、一週間もたてば使えそうなくらいしっかりとしています。

細切れコンフェもいいですが、大きなコンフェもいいですね。
冬のセーターを思わせるデザインになりました。